カップルで自撮りする画像

結婚相談所を利用することは「友人の紹介」と同じです。

学生時代って、異性との出会いが多かったですよね。

教室で、部活やサークルで、バイト先で。

それから、合コンしてみたり。

 

 

社会に出ると、ガクンと「出会い」の数が減ります

僕の職場は、割と女性の比率が高めでした。

でも、独身女性に限れば、ほんのわずかです。

社会に出ると、異性と出会う数が減る。

これは、誰しも実感していることだと思います。

 

 

そこで、僕らは「出会い」を求めて様々な活動をします。

合コンに行ってみたり、海や雪山で「偶然の出会い」を求めたり(笑)

でも、その願いが成就することって、とても少ないと思います。

 

 

やはり、「出会う方法」で考えた場合、「友達の紹介」というパターンは多いのではないでしょうか。

「誰かいい人いないかな〜?」なんて言われて、「あっ!いい人、紹介するよ!」というパターンです。

 

 

いわゆる「恋のキューピット」というヤツですね。

 

 

「恋人募集中の男の子」と「恋人募集中の女の子」を引き合わせる。

縁を結ぶわけですね。

 

 

結婚相談所だって同じです。

刈谷婚活サービス縁結びには、三河地方全域の独身男性と独身女性の皆様に「出会い」を提供しています。

 

 

簡単にいうと、「独身男性」の友達500人くらいと、「独身女性」の友達500人くらいいる友人ができたと仮定してみてください。

「誰かいい人いないかな〜?」なんて言う。

「あっ!いい人、紹介するよ!」と言われ、「で、どんな子がいいの?」と尋ねられる。

 

(う〜ん…、困った…)

 

 

そんなあなたに友人は言うのです。

「じゃあ、この中から会いたい人選んでみてよ」と言って見せられた「異性」は500人…。

 

はい、つまり、そういうことなのです。

「友人の紹介」も、「結婚相談所の紹介」も、本質的には「同じこと」なのですね。

 

 

一方は、友情で成立する代わりに出会う人数は少なく、他方は金銭を介在させる代わりに出会う人数が多い。

そんなものです。

 

 

どうぞ、交友関係の広い友人のつもりでご連絡いただければ幸いです。

関連記事

  1. 結婚式の写真

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。